☆美容大好きアラサーブログ☆ beauty&cosmetic

個人的な体験談を交えた“美容、コスメ、香水関係”がメインのブログです♪アラサー~アラフォー向け、プチプラ重視でオススメアイテムをご紹介していきます!!

【メイクブラシ①】メイク道具で仕上がりが変わる!メイクブラシの種類☆【ベースメイク用ブラシ】

メイクを綺麗に仕上げるためには、専用のツールを上手く使いこなすことも大切。
ファンデーションやアイシャドウ、チーク等、それぞれブラシやパフがセットされていますが、目的に合ったブラシを使用することで仕上がりがより一層綺麗になります。

私自身ブラシの知識はまだまだ不十分ですが、実際にブラシを使用するようになってから、その利便性を実感♪

ブラシの種類はとても豊富なので、お気に入りを見付けるまで色々なタイプを試してきました。

makebrush.all

※まだまだ知識不足なところも多々あると思いますので、間違っていることがあったら申し訳ございませんm(__)m

セットで購入したものや、単品で購入したもの等々、数えてみたところ、現在所持しているブラシの合計数は109本。
購入初期は特にこだわりや知識もなく、気になったブラシを色々と試していました。

次第にこだわりや必要なタイプがわかり、洗い変え用に複数購入したお気に入りのブラシもあります♪
失敗したものや、あまり必要性がないものもあり、実際に必須アイテムになったブラシは約3分の1程です。

今回は『ブラシシリーズ①』として、メイクブラシについての簡単な解説や豆知識と、主にベースメイクやフェイスカラー専用のブラシの種類をご紹介していきたいと思います☆

◎ブラシを使うメリットは?

ほとんどのコスメには、パフやチップ、ブラシ類がセットされていると思います。
もちろんそれらの付属の物を使用してもメイクはできますが、パーツ毎に専用のブラシを使うことでより一層綺麗な仕上がりを実現
ブラシを使うメリットはたくさんありますが、主に下記のような点がおすすめのポイントです♪

手を汚さずにメイクができる
厚塗り感を防いで素肌感を演出
★肌の凹凸に均一にフィットしてくれる
★ベース用ブラシを使うとムラなく滑らかな肌に仕上がる
★アイシャドウのグラデーションが作りやすい
★ブラシによって質感を思い通りに仕上げることも可能
★メイクが崩れにくくなる

◎ブラシの選び方のポイント

メイクブラシは価格も様々です。
デパコスブランドのような価格が高めのブラシから、ドラッグストアで購入できるお手頃価格の物、更に今では100均にも優秀なブラシが揃っています。
いきなり高価なタイプはなかなか手に取りにくいという点から、“まずは手の届きやすい価格のブラシを選ぶ”ことをおすすめします♪
具体的な選び方は大きく3種類。

①毛質と毛の材質をチェック!

→肌に直接触れる物なので、肌への負担が少ないことが重要。
毛先がチクチクしない、肌当たりが優しい物を選ぶことがポイントです!
そして毛の材質は、『天然毛』『人工毛(合成毛)』に分けられます。
『天然毛』は、動物の毛を使用したブラシ
動物の種類によって柔らかさが異なります。
『人工毛(合成毛)』は、動物アレルギーの方にもおすすめできるブラシで、ナイロン製等の人工繊維が使われています。
どちらも肌に当てた時に痛くない、柔らかい毛質のものを選ぶことがポイント。

②用途に合ったブラシを使用する!

→種類が多いぶん、使い方を間違わないように注意が必要。
アイシャドウの場合だと、“ぼかす”“発色を高める”“綺麗なグラデーションを作る”、等の目的に合わせて選ぶことがポイント。
ベースメイク用ブラシも、“パウダー用”“リキッド用”“お粉用”、それぞれ適した形状のブラシを選びます。
コスメの良さを引き出して、理想通りの仕上がりを実現するために、メイク箇所に合った正しいブラシ選びが大切です☆

③密度や柔らかさが重要!

→①と少し似ていますが、使う用途によって『コシと密度が高いタイプ』『ふさふさした柔らかいタイプ』、大きくこの2つに分けることができます。
コシのあるブラシは、発色が高まり、しっかりと密着させたい時に使用するタイプ。
ふんわりと色をのせたり、ぼかすような用途の場合は、柔らかくてふさふさした毛質のブラシが最適です♪

【ベースメイク用ブラシの主な種類】

makebrush.foundation

まずは、ファンデーションやお粉に使用するブラシをご紹介。
付属のパフ類でベースメイクを済ませることももちろん可能ですが、専用のツールを使うと更に綺麗な仕上がりを実現することができます!!

◎リキッドファンデーションブラシ

makebrush.liquidfoundation
リキッドファンデーション専用のブラシです。
リキッドタイプのコンシーラーを密着させる用途にも使えるタイプ。
“コシがある平筆”というところがポイント!

makebrush.liquidfoundation.texture
↑このような形状で、ムラなく均一にファンデーションを伸ばすことができます。
厚塗り感なく、比較的ツヤ肌に仕上がるのが特徴。
しっかりと密着させることができるので、より一層崩れにくく毛穴の凹凸もしっかりとカバーできます♪

◎パウダーファンデーションブラシ(パウダー専用フラットタイプ)

makebrush.powderfoundation
パウダータイプのファンデーションをふんわりのせたい時には、このように毛先がフラットなタイプが便利です。
比較的柔らかめで、毛先が平らになっている点が特徴。

makebrush.powderfoundation.flat.texture
薄付きに仕上げたい時や、ふんわり軽くのせたい時に適してています。

◎ファンデーションブラシ(様々な質感のファンデーションに使用可能な斜めのフラットタイプ)

makebrush.powderfoundation.all
リキッド、パウダー、クリーム、固形状、様々な質感のファンデーションに使用できます。
私自身も一番愛用している欠かせないブラシで、1本あるととても便利なアイテムだと思います!
ムラなくしっかり毛穴もカバーし、パフで塗るよりも薄付きでナチュラルな仕上がり。

makebrush.powderfoundation.all.texture
↑パウダーファンデーションブラシと同様に平らな毛先ですが、斜めになっているところがポイント。
コシと密度があって、リキッドも滑らかにのせることができ、毛先が柔らかいためパウダータイプもムラなくしっかりのせられます♪
小鼻周りのような細かい部分にも便利な小回りが効く形状。
ブラシを使ったことがない方にも、是非試してみて頂きたいタイプです!!
簡単で使い勝手が良く、“ファンデーションの仕上がりが良くなる”と実感できると思います。
特に、『資生堂』から販売されているブラシは、お手頃な価格でありながら高品質で、初めて買うブラシとしても一番おすすめです♪

資生堂 ファンデーション ブラシ 131 専用ケース付き(1本入)【資生堂】

価格:1,871円
(2019/11/16 13:51時点)

◎コンシーラーブラシ(リキッドファンデーションブラシとほぼ同様)

makebrush.concealer
“コシがある平筆タイプ”の小さめなブラシ。
リキッドファンデーション用のブラシと仕組みは同じなので、個人的にはあまり使わない形。
リキッドファンデーション用のブラシで代用しても問題ありません♪
小さめなサイズを生かして、小鼻周りの赤みカバーや、口角等、細かな部分に少量伸ばす際に便利だと思います。

◎歯ブラシ型(コンシーラーやファンデーション等に使用)

makebrush.concealer.etc.
比較的最近発売されたタイプですが、利便性に優れているので、使っている方も多いかと思います!
見馴れない時は、“使いにくいのでは?”と思いましたが、実際使用してみると凄く便利なブラシだと感じました♪

makebrush.concealer.etc.texture
↑このようにかなり密度もコシもしっかりしていて、リキッド状のファンデーションやコンシーラーを薄く滑らかに伸ばすことができます!
ピタッと密着させつつ、厚塗り感が出にくいところが特徴的。
様々な大きさが販売されているので、使う部分に合わせて選びます。
最初は上手く使いこなせなかったのですが、親しくして頂いている、美容の知識が大変豊富な美容部員様に教えて頂いたブラシです♪
“目元のクマにリキッドタイプのコンシーラーを伸ばす時に最適”、と教えて頂き、実際使用してみたところ、崩れにくく薄く均一にカバーできると実感!!
一度使うと手放せないブラシだと思います☆

◎フェイスパウダー(お粉)ブラシ

makebrush.facepowder
リキッドファンデーションの仕上げにのせるお粉(おしろい、ルースパウダー、フェイスパウダー)ナチュラルに軽くのせる時に便利なブラシ。
余分に付いてしまったパウダーを払い落とす用途にも使えます!
払う用途の場合は、何も付いていない綺麗な状態でササッと使用。

makebrush.facepowder.texture
毛のボリュームがあり、ふわっと柔らかい形状。
このタイプは、後に紹介する『フェイスカラー(ハイライトやチーク)用』とあまり違いがありません。
私の場合は、使用感や仕上がりの好みに合わせて使い分けています♪

◎カブキブラシ(主にファンデーション)

makebrush.kabuki
持つ部分が他のブラシより短くて太くいため、握りやすいところが特徴です。
私はあまり使用する機会がないため、一つしか所持していないのですが、かなり毛量が多くて柔らかいタイプ。
パウダーファンデーションやお粉をのせる時に適したブラシだと思います!


◎その他色々な形状(主にファンデーションに使用)

makebrush.etc.
ブラシの形状や毛質も、どんどん進化しています。
実際に、これらのような変わった形のブラシも豊富!
私が所持している変わったタイプのものはこの3種類です。

左の菱形のタイプは、とてもコシが強く密度も高いファンデーションブラシ。
パフのような使用感で、リキッドにもパウダーにも使うことができます。
密着性が高まり、しっかりカバーできるのが特徴♪

真ん中と右側は、フェイスラインに沿って塗ることができるように工夫されたブラシです。
どちらも適度にコシがあり、密度が高めなので、リキッドファンデーションを伸ばす際に便利!
輪郭に合わせた形状を利用して、シェーディングカラーをのせる用途にも使えます。
顎から上に向けて使うことにより、マッサージ効果も兼ね備えています♪

また、私は持っていないのですが、『フイニッシングブラシ』もベースメイクの仕上がりを良くしてくれるアイテムです。
ベースメイクの最後に、余分な粉を払う用途に使用するブラシ。
キメ細かく陶器肌に仕上がるという点から、マットな質感がお好みの方に便利な形状だと思います!

◎まとめ

フェイスカラー用ブラシも①でご紹介したかったのですが、写真が多くなってしまったため、次回にご紹介させて頂きたいと思います♪

ファンデーション用ブラシだけでも種類が豊富で、まだまだ私自身も知らないアイテムがあると思います。
実際に使い始めたのはアラサーに入ってからでしたが、色々な種類を試してみると奥が深いメイクツールです。
メーカーもかなりの数があり、100均のブラシもクオリティーの高さで有名ですよね!

それぞれの種類を1本ずつ購入してみるだけではなく、Amazon等のネット通販で、色々な種類がセットになったお得なブラシもおすすめ
毛質が試せないという点がデメリットではありますが、セール中を狙うと1000円以内で高クオリティーのブラシセットを購入できることもあります☆

↓こちらのメーカーは私自身も所持していますが、比較的使いやすい毛質だと感じました。

Anjou メイクブラシ 8本セット 化粧筆 フェイスブラシ 高級タクロン コスメ 専用ポーチ付 AJ-MTA003 (ブラック)

↓1000円以内で探してみたところ、このようなセットもありました。

プロ仕様 12本 メイクブラシ 化粧ブラシセット ケース付き ケースつき 化粧 ブラシセット ブラシ ブラシケース付き 誕生日 フェイスブラシ チーク アイシャドウ リップ コーム  (パウダーブラシ) チークブラシ アイシャドウブラシ ポイント消化 化粧筆

価格:998円
(2019/11/16 14:17時点)

メイクは、道具によっても全く違う仕上がりを楽しむことができるので、私自身も色々なアイテムを使っていきたいと思います!!

↓ブラシ②では、フェイスカラー用ブラシを中心にご紹介しています。
www.mamimamihappybeauty.com


それでは、最後までご覧下さり有難うございましたm(__)m♪



《各種SNS》

★Twitter→https://www.twitter.com/YouTubeMami
★Instagram→https://www.instagram.com/mamimamihappybeauty
★YouTube“真実チャンネル”(美容系)→https://www.youtube.com/c/mamichannel
★YouTube“*マミ*ピアノ弾いてみた”(サブの演奏動画)→https://www.youtube.com/channel/UC3Gh2MzE6-FscZGW3_sQGxw
★楽天ROOM→https://room.rakuten.co.jp/mamimamihappybeauty
★ラクマにてショップも運営致しております!→https://fril.jp/shop/happyshop57
(~happy shop~)




全般ランキング