☆美容大好きアラサーブログ☆ beauty&cosmetic

個人的な体験談を交えた“美容、コスメ、香水関係”がメインのブログです♪アラサー~アラフォー向け、プチプラ重視でオススメアイテムをご紹介していきます!!

【30代でも浮かないアイメイク】アラサーのプチプラ涙袋メイク!

メイクの中でも、アイメイクにこだわりや工夫をしている方は比較的多いのではないでしょうか?
個人的にもパッチリした目もとに憧れるので、一番時間を掛けている部分です♪

年齢と共に変えていかなければいけない部分でもあり、日々研究。

若い頃は、つけまつげバッチリ、アイラインバッチリ、涙袋も!!というメイクをしていましたが、アラサー以降になると、似合うメイクが変わってきます。

今回ご紹介したいのは、アラサーになってから、薄く自然に見えるように工夫するようになったアイメイクの一つ、30代でも浮かない、ナチュラルな涙袋メイクをご紹介したいと思います☆

涙袋を少し強調してあげるだけで、目もとが優しい印象になり、パッチリして見えるため、私の中では欠かさないステップ!

・ナチュラル過ぎるアイメイクにもう一工夫加えたい!
・少し華やかさを足したい!
そんな方にもおすすめです☆

tearscosmetic

◎アラサーからの涙袋メイクのポイントは?

若い頃はとにかく目もとを盛るために、涙袋もキラキラ&しっかり強調していましたが、アラサー以降になるとNG。

あくまでもさりげなく、元々ぷっくりした涙袋であるかのように見せることが重要。

やり過ぎには厳重注意をしながら、ナチュラルメイクでも浮かない程度に軽く作ると、アラサーでも馴染む涙袋が完成します♪

多少は涙袋メイクを取り入れたほうが、目もとがパッチリ&優しく仕上がるため、おすすめです!

気を付けたいのは、まず“保湿”しておくこと。
スキンケアの際に、薄くアイクリームを塗っておいたり、目の下の保湿は念入りに!!
とは言え、メイク前にあまりこってりしたスキンケアをしてしまうと、メイク崩れの原因になってしまうため、加減が大事です。

また、アラサー以降のアイメイクで気を付けたいのが、ギラギラのラメ入りコスメを避けること!!
これは涙袋に限らず、アイシャドウも同様です。
パーティーシーン等では多少ならば問題ないのですが、大粒なラメを使ってしまうと、上品さに欠けてしまうことがあります。
品のあるパール感がちょうど良いと思います♪

◎涙袋メイクに必要なステップは?

先ほど書いた通り、“保湿”は重要。
特に目もとの小じわが目立つと、アイメイクも映えなくなってしまいます。

目の下のみに僅かな量のアイクリームを塗っておいたり、化粧水や乳液も、目の下は意識的に保湿することをおすすめします!

そして、実際の涙袋メイク方法は、

薄く影を描く(涙袋を立体的に見せる)
笑った時に膨らむ部分にのみハイライト系カラーをのせる

この2点のみ、至って簡単です!!
この2ステップで、涙袋をほどよく強調できます☆
あくまでもナチュラルに、濃くならないように注意しながら仕上げることが大切。


★影を描く時におすすめなアイテム2点★

【ケイト/アイブロウペンシルN BR-1】

(KATE/eyebrow pencil)

katepencil

定価550円(税抜き)、プチプラなところも優秀!!

繰り出し式で手軽に使えて、細いラインを簡単に描くことができます!

katepencil.brown
この写真では、わかりやすいように3回塗り程していますが、実際もっと細くて薄い色味です。
色々なアイブロウペンシルを試してみて、これが一番色が濃すぎず馴染みやすく、自然な仕上がり。
力を入れずに薄く書くのがポイントです。

【ケイト/ダブルラインエキスパート LB-1】

(KATE/double line expert)

katewline

定価850円(税抜き)。
元々は二重を強調するためのアイライナー。
初心者の方でも元々の色が極薄なので、失敗しにくいアイテムです。

kateline.slim

細い線もスッと綺麗に描けるブラシも優秀!!
ひと塗りでラインが描けるので、とても便利なアイテムです。

◎影を描く時のポイント

笑った時に膨らむ涙袋部分のすぐ下に、ごく薄いブラウンで影を描くことで、立体感を演出します。
目立たない程度に、細く軽く引くのがポイント!

影を作る際にに、クマに見えないように注意。
そのためにも、『薄く』『細く』『さりげなく』が重要!!

全体に引くと不自然になってしまうので、目尻側まで引かず、2/3くらいの長さで止めると自然な影が出来ます。


★涙袋にのせるカラーのおすすめはこちら★

【K-パレット/リアルラスティングティアーズタンク 02(アイカラー・涙袋用美容液)】

(K-palette/REAL LASTING TEARS TANK)

tearsliner.white

定価1,296円(税込み)。
片側が“涙袋用美容液”になっているので、保湿も可能なアイテムです☆
チップ状で、適量のパウダーがのせられる使いやすいタイプ。

tearsliner.powder

元々涙袋用コスメなので、馴染みやすいと思います。
ホワイト系なので、ややハッキリした色味にしたい時におすすめです。


【ブロウラッシュEX/ウォーターストロング Wアイライナー レディブラウン×ピンクベージュ(アイライナー・アイカラー)】

(BROWLUSH EX/WATER STRONG W EYE LINER)

tearsliner.pink

定価1,200円(税抜き)。
こちらも一本2役の便利アイテム!
片側はブラウンのアイライナーになっていて、片側が涙袋に使えるチップ状パウダー。

tears.pinkpowder

こちらは控えめな印象にしたい時におすすめ
ピンクベージュ系で自然に馴染み、パール感が強すぎないのでさりげなくカラーをのせられます。

【セザンヌ/トーンアップアイシャドウ 06 オレンジカシス】

(CEZANNE/Toneup Eye Shadow)

cezanneshadow

定価580(税抜き)。
元々は3色アイシャドウ。
ですが、このハイライトカラーが絶妙な色合いで、涙袋メイクに最適☆

cezanne.highlight

細めのチップで、薄く加減しながらのせると、繊細な輝きのベージュ寄りホワイトがとても綺麗に涙袋を演出してくれます♪

◎涙袋をぷっくり見せるカラーののせ方

今回選んだ3点は、あえて色味が異なるアイテムにしました。
自分の肌色に合ったカラーを選ぶことが大切です!

今回はパウダー系のみでしたが、クリームタイプやクレヨンタイプ等も使いやすいアイテムがあります。
ただ、パウダーのほうが比較的ほんのりとした仕上がりになり、失敗が少ないかなぁと感じます。

笑った時に膨らむ部分の真ん中辺りにのみ色をのせると、ナチュラルな仕上がりになると思います♪
もう少し強調したい場合は、やや横幅を広めにしたり、色を重ね塗りしても大丈夫!

派手にならない程度に、自分に最適な濃さを発見できると、より一層涙袋メイクが綺麗に仕上がると思います。

また、目もと小じわに入り込むことがないように、“しっとりした質感”のアイテムを選ぶことが大事!!
今回ご紹介したモノは、どれもしっとりしたテクスチャーで粉っぽさが少ないため、使いやすいタイプです☆


一番ナチュラルに仕上がる組み合わせは、この2点使いかなぁと思います♪

[クーポン対象] カネボウ ケイト KATE ダブルラインエキスパート LB-1

価格:716円
(2019/7/30 19:30時点)

&

ブロウラッシュEX ウォーターストロング Wアイライナー レディブラウン×ピンクベージュ

価格:1,880円
(2019/7/30 19:33時点)


◎まとめ

今回は、若干個人的なこだわりに偏ってしまいましたが(笑)、より目もとをはっきり見せるポイントアイメイクについて書かせて頂きまさした!

涙袋メイクは若い方向けなイメージもあるかもしれませんが、30代でも工夫をすると使えるテクニックだと思います。
もしまだ試したことがないという方がいらっしゃいましたら、是非取り入れてみて下さい☆

それでは、今回もご覧下さり有難うございましたm(__)m♪


《各種SNS》

★Twitter→https://www.twitter.com/YouTubeMami
★Instagram→https://www.instagram.com/mamimamihappybeauty
★YouTube“真実チャンネル”(美容系)→https://www.youtube.com/c/mamichannel
★YouTube“*マミ*ピアノ弾いてみた”(サブの演奏動画)→https://www.youtube.com/channel/UC3Gh2MzE6-FscZGW3_sQGxw
★楽天ROOM→https://room.rakuten.co.jp/mamimamihappybeauty
★ラクマにてショップも運営致しております!→https://fril.jp/shop/happyshop57
(~happy shop~)



美容・ビューティーランキング